Brigitte de Vet 4月 1, 2020

COVID-19の感染が拡大する中で、3Dプリンティングは、想像力を結集することによって、世界中でその力を発揮しています。?
これまでも、3Dプリンティングによって多くのイノベーションがもたらされてきました。必要な消耗品の不足やCOVID-19の拡散を防止する解決策の切望が広がるこの深刻な狀況下で、その活用が更に活発化しています。?

Materialiseは、MedTech業界の厳しい認定製造要件を満たしています。

世界中で、3Dプリントに関わる全コミュニティーが協力して、ユニークで効果的なソリューションを生み出しています。?

醫療用顔面保護具の不快感を軽減することから、細菌が蔓延するドアハンドルとの接觸を最小限にすることまで、積層造形(AM)あるいは、3Dプリンティングだからこそ、迅速な実用的解決が可能になっています。?

私たちはお互いに協力して、必要としている人がこれらの有益な器具や部品を出來るだけ早く入手できるように、迅速に作業しています。?

ただし、今週発せられたガイダンスで歐州委員會が指摘しているように、3Dプリントされた醫療用品が必要な安全基準に準拠していることを確認することが急務です。?パンデミック時には迅速な開発が特に重要ですが、MedTechが持続的に機能するためには、その迅速さが、的確なプロセスと信頼できる製造を兼ね備えたものでなければなりません。?マテリアライズが醫療機器の認定を受けた製品を屆けるのは、このビジョンによるものです。?

人命を救う可能性のある革新的な研究?

「絶望的な時ですが、今ある対策は苦肉の策ではありません」とGeel Hospitalの醫師であるMatthias MergeayとLuc Janssenは話しています。?マテリアライズで3Dプリントされた人工呼吸器バルブは、人工呼吸器の緊急ニーズに応えるためにDirk Wenmakers とPhilippe Caersによって設計されたものです。

COVID-19の癥例數が増加するにつれて、病院の患者數、そして必要な醫療機器の數も増加しています。 これは、世界の特定の地域では、COVID-19に苦しむ患者が必要とする人工呼吸器などの救命器具が十分に存在しないことを意味しています。?

スプリッタによって単一の人工呼吸器を複數の患者で使うことはできますが、そのような解決策では患者間の肺容量と肺コンプライアンスの違いを考慮に入れることができません。?DirkとPhilippeの設計したバルブによって、醫師は最大4人の患者に1臺の人工呼吸器を使用でき、かつ、圧力と各患者への流量を調整できます。?「このプロジェクトには、信頼できるパートナーが必要でした。?2016年にマテリアライズ社と働いたことがあり、その際の経験から、今回マテリアライズにコンタクトを取りました。?これには、信頼性と拡張性(スケーラビリティ)が必要でした。とPhilippe Caersは話しています。?

“Desperate times, but not-so-desperate measures.”
- Dr. Matthias Mergeay & Dr. Luc Janssen, Geel Hospital, Belgium

プロジェクトの臨床顧問であるLuc Janssen博士とMatthias Mergeay博士によれば、このデバイスは耐久性試験でも良好に機能することが確認されました。 微調整ができることで、個々のテスト肺に適切な換気圧をもたらします。 これらの部品は、産業用3Dプリンティングによって迅速に分配でき、臨床醫が人工呼吸器の使用を最適化するのに役立つ可能性があります。?

このような人工呼吸器ソリューションと同様の醫療イノベーションによって患者への使用が承認されれば、病院は3Dプリントされたコンポーネントで構成された部品を醫療用として導入し、このパンデミックの間だけでなく、今後も患者に高速で高品質のケアを提供できます。?

壯大なアイディアとノウハウの出會い?

3Dプリンティングによる革新はそこで終わりではありません。 製品開発會社のIsinnovaは、スポーツ用品の小売業者であるDecathlonと協力して、スキューバギアを酸素マスクに変えることができる3D印刷可能なコンポーネントを作成しました。?

Isinnovaは3Dプリンティングを使用して部品を設計したため、既存のスキューバマスクに適合するプロトタイプをすばやく開発できました。 また、世界中の誰もがダウンロードして3Dプリントできるように、デザインファイルを無料で提供しています。?

マテリアライズは、製造規制に適合させられるようにSTLの設計を改善することで、Isinnovaと協力しています。?

ヨーロッパではこの人工呼吸器用の緊急マスクは醫療機器として承認されておりませんが、欠くことができない醫療機器が不足した緊迫した狀態である今、一つの解決策となりうる対策を提供します。?

私たちは、30年間の3Dプリンティングと、上位30に入る醫療機器企業の70%と世界の主要病院と協力をしてきた経験を生かして、ノウハウを活用し、保証されたソリューションを迅速に設計して、患者を支援することを目指しています。?

※上記は海外における3Dプリンティングの活用事例です。

お問い合わせ

救援活動で使用するために無料で材料の粉末を提供してくれたEOSに感謝します。

?L-101112-01?